福井の工務店・みどり建設の住宅事業部「みどりと風工房」

エアサイクルの家・北陸3県で実績No.1!

福井県福井市の住宅工務店。
子育てに理想の家、新築、リフォームなど、幅広く対応しています。

福井の気候風土に合った家づくり

どんな会社?どんな家づくり?失敗しないための家づくりの知恵戻る

福井の気候風土を読み解いて分かったこと。
福井の家にはしっかりとした「通気」が大切です。

日本という国は、地域によって気候風土がぜんぜん違います。

たとえば日本の最南端の沖縄は、年間平均気温が20度を超え、一年中とても温かく過ごせます。
そして、どこよりも台風が多い地域です。
沖縄の台風は本州と比較してもかなり風が強いため、鉄筋コンクリートの家が多く、ほとんどの家の屋根に貯水タンクが設置されています。

一方の福井県は、夏は蒸し暑く、冬は寒くて雪が降る、寒暖の差が激しい気候風土です。
夏は30度を超える真夏日も多く、冬は氷点下になることも。
そんな環境下で、温まりにくく冷めにくい性質のコンクリート住宅を建てたなら、夏や冬は一日じゅう冷暖房をかけても追いつかないでしょう。

「家とは、その地域の気候風土に合う建て方でつくるもの。」
『みどりと風工房』は、そう考えています。

ですから、福井県は寒暖の差を柔軟に受け止められる、木造住宅が最適。
しっかりとした断熱性能を備えることで、夏の暑さ、冬の寒さを和らげる快適な空間が実現できます。

さらに福井は、年間の相対平均湿度が75%超と、全国でも1位、2位を争うほどの多湿な地域でもあります。

特に冬場は、結露に気を付けないといけません。
例えば、グラスに冷たい飲み物を注ぐと、水に濡らしていないのに、周りに水滴が付きます。
これは、空気中の水蒸気が極端な温度差にさらされることで、水になって現れているのです。

実はこのような現象は、見えない壁の中でも起きる可能性があります。

壁の中の結露は、家の骨組みとなる木材を腐食させ、一般的な断熱材であるグラスウールの断熱性能も劣化させる要因となります。
それがカビやダニ、シロアリの温床になり、暮らす人の健康にも悪影響を与えてしまいます。

そのため、福井の家は断熱はもちろん、「通気」が非常に重要になってきます。

なぜなら、もっとも効率よく湿気を払う方法は、風を通すことだからです。
湿気は温度が低い場所や空気のよどんだところを好んで集まりますが、
風を通して空気を動かせば、自然と外へ逃げていきます。

福井のように寒さが厳しい土地では、断熱がとても重視されますが、
断熱性能が高くなればなるほど、空気が密閉されて、内部の湿気は逃げ場がなくなります。
通気は断熱と同時に考えていくべき機能だと言えます。

断熱性能だけでなく、家の中も壁の中も、通気がしっかりととれる家。
それが、福井で長く快適に過ごせる家ということになります。







企画設計部 / 廣部

詳細はこちら

前へ戻る次へ

お気軽にお問い合わせ下さい

総務部 / 織田

詳しい資料が欲しい

みどりと風工房の住宅や保証のこと、住宅ローンのお得な借り方や返し方などをまとめた、家づくりに関する資料を無料でお送りします。

モデルハウスを見学したい

内覧会・入居邸・モデルハウスの見学をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい

土地情報が欲しい

みどりと風工房には、県内の不動産会社さんからたくさんの土地情報をご提供いただいております。土地情報ご希望の方は、お問い合わせ下さい

イベント情報を教えて欲しい

みどりと風工房では、失敗しない家づくりのためにさまざまなイベントを企画しています。イベントのご案内をご希望の方は、お問い合わせ下さい

いろんな現場が見たい

工事途中の現場や、お引渡し直前の現場などを実際に見て比較検討したいという方は、お気軽にお問い合わせ下さい

資金計画の相談がしたい

住宅ローンのこと、「土地や頭金が無くても家づくりが可能か?」ということなど、お金に関する疑問や不安がある方は、お気軽にご相談下さい
みどり建設株式会社  電話番号
E-mail
〒910-0017 福井県福井市文京6丁目13番27号 TEL. 0776-23-6447(代) / FAX. 0776-21-9453 E-mail.
〒910-0017 福井県福井市文京6丁目13番27号
TEL. 0776-23-6447(代) / FAX. 0776-21-9453
E-mail.
copyright 2017 Midori Kensetsu Co., Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software