福井の工務店・みどり建設の住宅事業部「みどりと風工房」

エアサイクルの家・北陸3県で実績No.1!

福井県福井市の住宅工務店。
子育てに理想の家、新築、リフォームなど、幅広く対応しています。

スタッフブログ

安心した暮らしの為の工夫がこんなところに!

2021/6/10(木)

こんにちは大蔵です

先日、現在工事中のベランダの現場写真に疑問がありました

ベランダの笠木(表面を黒く塗装された部分)に

飛び出しているものは何だろう?なぜ平らではないのか?

現場監督からの返答は『今回の現場の場合、平らに継ぎ目を埋めるだけでは

すぐに劣化し、雨漏りの原因になる為』でした

 

継ぎ目が数ミリしかないので、しっかりと隙間を埋める為に

橋を架けるような施工(ブリッジ工法)となったそうです

劣化したままにしておくと、ベランダの笠木からの雨が染み込み、雨漏れにつながることもあるそうです

雨漏れは屋根やベランダの床からというイメージがあるかもしれませんが、

笠木からの劣化も少なくありません。

安心した暮らしにつながることが大切ですね

 

エアサイクル部材紹介①「Cmボード」

2021/6/10(木)

こんにちは、織田です

 

毎日毎日、暑いですね

来週の天気は、曇や雨のマークが出ていました

そろそろ梅雨しょうか。。。

 

さて、暑い夏でも快適に過ごせるエアサイクルの家は

床下から家全体に「自然のちからで空気を動かす」仕組みになってます。

その「空気を動かす」ために開発された、代表的な部材をご紹介します

 

エアサイクル部材① 壁の断熱材「Cmボード(コムボード)」

エアサイクル工法の原点。ダイヤ型の通気層で壁の中の空気を循環させます。

1984年にデビューして、今のボードは3代目

日々進化し続けています

※ZEH(ゼロエネ)等高性能住宅にも対応する、カーボンを配合させた高性能タイプ(ブラック)もあります。

 

 

↑こちらは、Cmボードブラックを施工した現場の写真です。

室内側は、ダイヤ型の通気層が見えます。

右側の写真は、外側から見たCmボードで、アルミが貼ってあり、遮熱効果を高めます。

 

このCmボードによって、壁の中を空気がスムーズに循環できるので、

床下の涼しい風を通したり、暑い空気を屋根から逃がすことができ、快適な空間をつくり出しています

 

弊社では、エアサイクルをご体感いただける

「エスコートホーム(OB様宅訪問)」のお申込みを随時受付しております!!

今の暑い時期は、エアサイクルの快適さが、よ~くわかりますよ

ぜひ、ご体感ください。お待ちしております。

屋根塗装

2021/6/9(水)

こんにちは工事部の松川です

 

昨日、屋根塗装の完了チェックに伺いました

 

↑屋根塗装前の写真

 

↑屋根塗装完了後の写真

塗装前はさびが出ていましたが、きれいに*ケレンして下塗り、上塗り2回を行いました。

丁寧に塗装してあり、細かい部分もきれいに仕上がっていました

完了チェックは問題なく終了しました

工事中は、晴れの日が続いて絶好の工事日和でした。

*ケレンとは・・・鉄部の汚れやサビ、旧塗膜を落とす作業です。

基礎配筋完了!

2021/6/9(水)

こんにちは。工事部の岩花です。

勝山市で基礎工事中の現場の基礎配筋が完了したので確認してきました。

基礎は建物の土台となるのでしっかりと施工を進めて行かなくてはなりません。

特に基礎配筋はコンクリートを打設すると見えなくなってしまうので、コンクリート打設前に問題なく施工されているか確認します。

鉄筋の組み方が悪いと基礎の強度が落ちてしまうので、配筋チェックはとても重要です。

設計通りの位置に鉄筋が配置されているかや、設計通りの太さの鉄筋か、鉄筋の間隔は図面通りになっているか等入念にチェックしていきます。

ベース配筋の太さと間隔確認

立上り配筋の太さと間隔確認

鉄筋の重ね継ぎ手部の長さ確認

べた基礎のベース部分の重ね継ぎ手は40d以上必要(40dとは鉄筋の太さの40倍の長さということです。)

ベース筋の太さハ13mmなので 13×40=420mm 現場施工は520mm以上あるので問題有りません。

鉄筋のかぶり厚さ確認

かぶり厚さとは、鉄筋からコンクリート表面までの距離のことです。

かぶり厚さが不足していると鉄筋が酸化して鉄筋コンクリートの強度が落ちてしまいます。

べた基礎の地盤面のかぶり厚さは60mm以上必要です。

現場の施工は60mm以上あるので問題ありません。

人通口廻りの開口補強確認(設計通りの開口補強筋が入っているか確認します)

立上り配管スリーブ部の開口補強確認(設計通りの開口補強筋が入っているか確認します)

配筋完了状況(全景)

配筋は問題なく施工されていたので、予定通り明日基礎のコンクリート打設を行います。

7月7日の建て方に向け、今後も安全作業で工事を進めて参ります。

建方

2021/6/7(月)

こんにちは。営業設計の廣部です

最近 暑くなって参りましたが 皆様、如何お過ごしでしょうか?

昨日は、去年からお話しさて頂いていたお客様の建方でした。

お客様と一緒に考えぬいたプランが、形として表れる日です。

きっとお客様もこの日を、心待ちにしておられたことと存じます。

そんな思いが神様に通じたのか、素晴らしい快晴になり建方日和でした。

エアサイクル工法の大きな平屋でしたので、屋根防水シート貼りと外回りの始末が終わるか心配でしたが、

そこは みどり建設のスーパー大工集団

いつものようにテキパキと進めて頂き16時には、きれいに外回りの養生も終わりました。

10時頃の状況

 

  

14時頃の状況(屋根外断熱:シャルーフ)

 

15時頃の状況

 

16時頃 外回り養生完了

 

あたたかいお客様のこころと、匠の技の大工さんの活躍をとても嬉しく感じる一日でした

 

今のうちに

2021/6/6(日)

こんにちは 八十川です。

だんだん暑くなってきましたね。

しばらく晴れの日が続くようで、夏日になる日もあるようです

まだ暑さに体が慣れていないので、体調管理には十分気をつけましょうね。

 

先日、あまりにも暑かったので久しぶりにエアコンをつけました。

スイッチを入れてから5分?10分?

いつまでたっても風が出てきません

おかしいなぁと思って電源を切り、コンセントを抜き、フィルターを掃除して、表面もきれいに拭いて、もう一度スイッチを入れました。

 

それでもやっぱり風が出ない

 

もう20年くらいたったエアコンなので、さすがに修理は無理かな、買い替えかな、と考えていたら。

ふと目に入ったリモコンの設定が『暖房26℃』になっていました!

ちゃんと設定を冷房にしたら、涼しい風が出てきました。よかった

 

今のところ順調に動いていますが、だいぶ古くなっているのでそろそろ壊れるのではないかとちょっと心配です。

真夏になってからのエアコン取り替えは、工事が集中して職人さんの段取りがなかなかできないので、

取り替えるなら今のうちかな、と思っています。

 

古いエアコンをお使いの方、そろそろ買い替えや増設をお考えの方は、夏前の今の時期の工事をお勧めします。

お気軽にご相談ください

屋根工事

2021/6/5(土)

こんにちは

営業の竹沢です。

 

現在、あわら市で屋根の葺き替え工事を施工させていただいております。

天気に恵まれ順調に施工が進んでおります。

ところで皆様 カバールーフってご存じですか?

このお宅でも一部屋根に採用しております。

 

板金屋根の施工方法の一つなのですがその名の通り今ある屋根をとらずに

その上にカバーするように新しい板金屋根を施工する施工方法です。

 

この施工方法のメリットは

①解体費用(既存屋根のめくり)が必要ないのでコストを抑えられる

②雨の日でも施工できる

です。

 

板金屋根で施工してある建物は長期的に錆などの発生によりメンテナンスが必要です。

ただ塗装だけでは限界があるのでどこかのタイミングで新しく屋根を葺き替える必要があります。

その際にこのカバールーフもご検討してみてはいかがでしょう?

板金屋根修繕をお考えのかたは是非ご相談ください。

雨の日の樋点検

2021/6/4(金)

雨の日は足元も悪く、外出も億劫になりますね

しかし、雨の日は 樋の点検 日和でもあります

 

・雨樋が詰まって、雨水は溢れだしていないでしょうか?

・雨樋が外れてしまいそうな所はないでしょうか?

ゴミや枯れ葉などが雨樋に詰まっていたり、

雨樋が外れたままになっていると、

雨水が正しい場所に流れず雨漏りの原因となることもあります

晴れている時にはなかなか気がつかない雨樋の点検を

『家の周りを下からチェック』してみてください

匠の技術!

2021/6/2(水)

こんにちは。工事部の岩花です。

坂井市で工事中の大型リフォームの現場は順調に進んでおり、一部増築部と土縁部分の屋根工事まで完了しました。

この増築部分と土縁部分の柱や梁は、現場にて大工さんが木材を加工して組み立てていきます。

今日は、この現場で実際に大工さんが加工した柱や梁の継ぎ手加工をご紹介させていただきます。

これぞ、まさに匠の技術です!

地獄ホゾ

梁から柱が抜けにくくするための加工です。ホゾに差してあるクサビがホゾ穴の中に着くと押し込まれ、ホゾ先が扇に広がって二度と抜けなくなる加工です。

上記の絵が地獄ホゾの説明図です。

 

 

金輪継ぎ手

同形の両部材の口にT字形の目違いをつけて組み合わせ、木栓を差して固定する継ぎ手方法。

伝統的継ぎ手の中でも強固なもののひとつで、あらゆる方向に強度がえられる継ぎ手です。

上記の絵が金輪継ぎの説明図です。

 

また機会があれば、みどりと風工房の現場で働く職人さん達の匠の技術をブログでご紹介したいと思います。

暑い日が続きます

2021/6/1(火)

こんにちは、織田です

 

今週は、気温25度以上になる日が多いです

6月に入ったばかりなのに、あっという間に「夏」のようです

 

これだけ暑いと、マスクが大変ですね

普通に息をしているだけで、顔中熱っぽくなってしまいます

感染予防にマスク着用はとっても大事なことですが

熱中症にも気をつけないといけないので、

マスクを外せる状況(1人で車の運転をするときなど)では外して

水分補給したり、冷えたタオルを使ったりしてくださいね

職人さんも体調管理や感染予防をしっかりして、安全作業中!!

現場の安全に最善を尽くしています

最新の記事


カテゴリー



お気軽にお問い合わせ下さい

総務部 / 織田

詳しい資料が欲しい

みどりと風工房の住宅や保証のこと、住宅ローンのお得な借り方や返し方などをまとめた、家づくりに関する資料を無料でお送りします。

モデルハウスを見学したい

内覧会・入居邸・モデルハウスの見学をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい

土地情報が欲しい

みどりと風工房には、県内の不動産会社さんからたくさんの土地情報をご提供いただいております。土地情報ご希望の方は、お問い合わせ下さい

イベント情報を教えて欲しい

みどりと風工房では、失敗しない家づくりのためにさまざまなイベントを企画しています。イベントのご案内をご希望の方は、お問い合わせ下さい

いろんな現場が見たい

工事途中の現場や、お引渡し直前の現場などを実際に見て比較検討したいという方は、お気軽にお問い合わせ下さい

資金計画の相談がしたい

住宅ローンのこと、「土地や頭金が無くても家づくりが可能か?」ということなど、お金に関する疑問や不安がある方は、お気軽にご相談下さい
みどり建設株式会社  電話番号
E-mail
〒910-0017 福井県福井市文京6丁目13番27号 TEL. 0776-23-6447(代) / FAX. 0776-21-9453 E-mail.
〒910-0017 福井県福井市文京6丁目13番27号
TEL. 0776-23-6447(代) / FAX. 0776-21-9453
E-mail.
copyright 2021 Midori Kensetsu Co., Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software